お客様導入事例

弊社製品を導入して頂いたお客さまへのインタビューと事例

 「愛子天空の湯 そよぎの杜」 


「愛子天空の湯 そよぎの杜」 は仙台駅西口から車で約20 分にある宮城県仙台市の西部、愛子地区錦ケ丘に2023 年10 月にオープンした大規模温浴施設。
山形や秋保温泉、作並温泉へと続く自然の山々に囲まれた新しい街。
杜の息吹を感じる抜群のロケーションを生かし木々と人々がそよぐ 「愛子天空の湯 そよぎの杜」では心と身体を整える時間を提供しています。





株式会社GEN  /   代表取締役常務:嚴 晢祐様

 Q.「愛子天空の湯 そよぎの杜」のビジネスを開始するに至った経緯はどの様なものでしたか? 

 株式会社 GEN(およびグループ会社)は元々、盛岡の焼肉店や、仙台のパチンコ店、また不動産事業などを手掛けてきていました。
本業のパチンコ事業が、震災の影響や各種規制の変化などで安定した成長が難しくなるなと感じました。もともと温浴事業は昔にサウナカプセルを東北で初めて開業し手掛けたこともあり、東北地方では大型の最新温浴施設というものが少なかったので、昨今のサウナブームや将来性も含め最新のエンターテイメントを盛り込んだ温浴施設をやってみたいと7年ほど前から考えていました。


Q. こちらの温浴施設ではどの様な特徴があるのですか? 

一番の目玉は、アート岩盤浴です。サウナブームや男性利用が多い温浴施設にとって女性層の取り込みが必須と考えました。 
「他に施設に無い体験を」コンセプトの一つに捉え「アート」と「温熱」の融合にチャレンジして、お客様の想像を超える体験が出来る岩盤浴へと関係者と共に創りあげました。 

「アート岩盤浴」ではアート映像や作品を浴びる「アートロウリュウ」を体験しながらも温熱による発汗ができる日本初の岩盤浴となりました。
雲海アトラクションとのアート作品とのコラボで他にはない空間演出となり五感を刺激する様々な体験が出来ます。 




Q. 今回JAPANNEXTのモニターをどの様に導入されているのでしょうか? 

 岩盤浴エリアに休息場所としてリクライナーを設置しています。一般的なリクライナーでもテレビを映すディスプレイが取り付けてあったりしますが、
最近ではTV をつけながらもスマートフォンしか見ていない方も多いなと思いまして、それであれば大きな画面で 見たほうが楽しいし、さらにタッチパネルで操作できれば普段のゲームアプリやwebコミックなどがまた一味違う体験になって更に面白いのではと思いまして、 ちょうどいいサイズ(21.5 インチ)でタッチパネルを搭載したJAPANNEXT さんの「JN-IPS215FHDR-T」をリクライナーに取り付けて、お客様のスマートフォンを接続して使用できるようにしています。 


Q.直接メーカーとお話した後はどうでしたか? 

 まず、生産完了品だったにも関わらず今回のオープンに必要な台数を揃えてもらうことが出来ましたので本当に助かりました。修理交換用の在庫などを調整してくださったとの事でした。それだけでなく、今後も同じ様な製品を作って欲しいとの希望を伝えたところ、快く了承してくださり、後継機種も開発を始めてくれています。
単に後継機種というだけでなくリクライナーとして有ったら便利な機能などを希望としてお伝えしていまして、それすらも前向きに検討してくれることに驚いています。もちろん一般のモニターの使用などでは使わない機能もありますので、特別なモードを搭載したりといった方向で検討いただいています。 

導入後も実際に稼働してみるとお客様がモニターのメニューから入力を切り替えてしまうという想定外の事が発生したのですが、
切り替えできないようにするFW(ファームウェア)を特別に提供していただきました。
従業員が発生のたびにマニュアルで対応しなくてはならなかったことがFWによって解決されて現場の労力の軽減が出来ました。 


Q.JAPANNEXTのモニターを採用するまでの経緯はいかがでしたか? 

 (理想のリクライナーに使用できる液晶モニターの条件、サイズ、タッチパネル、USB-C入力搭載、重量等を定めて探しましたが、JAPANNEXTさんのモニターしか条件に合うものがありませんでした。そこで早速1台購入して試作を始めました。既存のリクライナーは一式の機能が内蔵されていますが、新しいコンセプトなので、ケーブル、切替器など自分で購入してテストを行いました。機能的には実現できるという事がわかったのですがいざ購入しようとすると、何と販売完了になっていました。販売店など色々なところに確認しましたが入手が難しくて、また製品のサポートも含め直接メーカーの担当の方に話を聞きたいと思っていたところ、知人の知っている施設「MIRAI JAPANNEXT PARK(鹿児島)」を、JAPANNEXTさんがネーミングライツを保有しているという関係を知り紹介して頂きました。 


Q.今後もJAPANNEXTモニターを使うことがありそうですか? 

 はい、リクライナーのモニターというところではさらに機能性が良くなる後継機種を検討いただいていますし、液晶モニターは施設内の様々なところに使用されますので、デジタルサイネージを導入したり、相談させていただきたいと思っています。
リクライナーのモニターという点では全国の温浴施設でも導入されていく日も近いのではないかとも思っています。